2020年01月19日

かえし受けるいのち(1)

私どものいのちは、日々神様からの光を
いただいて保たれているのでありますが
自分自身を絶えずあたらしくするために祈りが
あり、一瞬一瞬に、古い自分を返しつづけて
いるのだということを、考えてみたいと思う
のであります。

一体自分とは何でありましょう。
自分とは肉体だと思う人があるかも知れない。
あるいはまた、心だと思う人があるかも知れない。
では、私は、何と思っているかをここで
申します。
自分とはいのちであります。いのちそのもの
であります。
神の光を受け、霊要素、霊気を呼吸して生きる
のが自分自身、人間そのものなのであります。

人間というものは、こんなちっぽけな肉体の
中に閉じこめられているものではありません。
人間の真性は、天地宇宙をつらぬいて、
神の愛と一体となっているものであります。

神の光に抱かれ、宇宙神の愛とゆるしの
大光明のひと筋となって永遠に生きゆく
相(すがた)、それが、いのちというものの
真実の相なのであります。

昔々、まだ、人間が、空気のように霊気を
呼吸し、神の光を、よろこんで身に浴びて
おりました頃、人間と神との交流、人間と
守護の神霊との交流というものは、誠に畏れを
持ちながら、和に満ちていたのであります。

いのちというものの朗らかさ、永遠に活きづく
本心そのもののかがやきが、神や守護の神霊
との交流のなかに、自らを突き動かして
いることを、人間達は知っていたのです。

実に自然に、いのちというものが、つねに
あたらしくされ、日々瞬々いただきなおすもの
であることを、本心本体そして心が知って
いたのであります。

祈りの言葉というものも、ひびきそのままの
交流であり、交歓でありましたが、つねに自らの
いのちのかえるべきところが神であることを
よろこびながらの祈りでありました。
こうしたすがたは、人間本来のものであり、
今、宇宙の星々に宇宙神の愛をうけて生きて
いる私どものすぐれた先達、宇宙人類たちは、
さながらこういう心なのであります。
       (翌日に続く)
posted by spacelight at 11:13| 祈り | 更新情報をチェックする