2020年01月17日

花ひともと

花ひともとの美しさということをこの頃
しみじみとおもうようになった。

私の家の狭庭にも四季折々に、それぞれの
花がひらいて、その美しさが、偶々一人の時を
得た私の心にひびき、足をとどめて、
一(ひと)ひら一(ひと)ひらに見入った
ものであるが、私の歩みをおもわず
とどめさせたのは、神の愛と光とが、どんな
小さな花びらにもいっぱいにそそがれて、
いのちというものが本来持っているすこやかさを
見せてくれたからなのである。
毎日、私のまわりを影のように
通りすぎてゆく人間にまとわりついた
業想念の波をきよめながら、ふと、寂しさが
心にあらわれて、そんな時、私は何も
いうこともなく庭におり、ほほを吹き過ぎる
風を受けながら、人間のさまざまないのちの
すがたにおもいをはせる。
花ひともとの美しさは、そんな時、私を
なぐさめ、神のいのちが、少しもそこなわれず、
現在も、そしてこれからも、美と愛を
あらわしていて下さることを教えて
くれるのである。
花ひともとに込められた神のいのちの
すこやかさよ。
人のいのちもかくあれと、私はまた元気になって、
世界平和の祈りを祈りつづけるのである。
      昭和61年12月2日 記
posted by spacelight at 11:29| 祈り | 更新情報をチェックする