2020年01月12日

ただひたすら 世界平和の祈り言をささげる

水がながれるように
いのちは
本源の光にむかって
ながれてゆく
愛と
美と
平和を呼ぶ声が
どこからか
きこえる

平和の祈り言のなかに
神を呼ぼう
私たちのふるさとへの呼び声を
高くしよう

自愛他愛
という声がきこえる
このひびきをたずねれば
さらに
ゆるしの光に出会うことになる
自分をゆるし
人をゆるし
このひびきのなか
光は
大円光となって
あたりをつつみ
人々をとらえる

ゆるしの光
やわらぎの光よ
あなたが
神の智恵と
愛とから
放射されていることを
私はしっている
そして
すべての人々の上に
このゆるしとやわらぎの光がおよび
それぞれが
愛の柱となって
この世界を平和にしてゆくことを
私はしらされている

神よ
あなたの大愛の何という深いことか
そのいつくしみのまなざしの前に
私は頭を垂れ
ただひたすらに
世界平和の祈り言をささげる

神よ
この地球そして宇宙に完全平和がおろされ
神のみこころが
それぞれの天命を
かがやかせるそのときまで
私は
印を結び
柏手を打ち
空っぽの場所となって
あなたの心を
伝えつづける
人よこの神の愛の前に
さあ世界平和の祈りを
ささげて
いこう
    平成2年1月9日 記 8巻 了



posted by spacelight at 07:07| 祈り | 更新情報をチェックする