2019年07月31日

人間の本質(8)

    (前日からの続き)
ふるさとは
遠きにありて想うもの
と詩人はうたいましたけれど
もともと
ふるさとから
この世に歩いてきて
それで
この世に生活している内に
すっかり
ふるさとを遠いものだと
勘ちがいしちゃったんです

そうじゃなくて
みんな
もともと
光を持って
この地上におりたんです
この地上を光にするために
降りたんです
人間は
一人一人
この地球の開発部隊の隊員だったんです
それが長い間に
その目的と
光をおびているという事実を
忘れちゃったんですね

世界平和の祈りはだから
みなさんを
原点にもどしてゆく祈りです
肉体人間という狭い人間観ではなく
もっともっと自由自在な
本当の人間の姿を
無理なくわからせてゆく
そういう祈りなんです

昔だったら道を求めて
修行をした
だけど今
肉体を痛めて本心に到るっていうことは
よほどの心の人でないとできない
それに人間のなかに
等しく光がわけられているわけですから
誰が偉くて
誰が偉くない
なんて世界じゃないんです

すべての人が光になってゆく道
今の立場、今の場を離れずに
誰もが白光を発揮してゆくみち
それが世界平和の祈りの道なのです

この世にあらわれているもの、
あらわれてくるものは
すべて消えてゆく姿であって
のこるものは
ただ
神の愛ばかりなんだ

肉体は苦しい
思いは苦しい
苦しいままに
世界平和の祈りのなかに
投げ込んでゆくと
救世の大光明が
その苦を抱きとって
いつの間にか
安心立命している自分が
祈りのなかから
あらわれてくるのです

徹底した感謝行である
この祈りを唱えてゆくときに
朗らかな
自分自身
神の大愛といつくしみのなかに
しっかりと抱かれている
自分自身
世界人類のなかの一人としての自分自身
そして
平和の気の流れの一すじである人間の
本当のすがたを
しらされてゆくことに
なるのであります
      平成2年1月30日 記
posted by spacelight at 13:35| 祈り | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

人間の本質(7)

        (前日からの続き)
最初に念っていうことをいったけど
写経というのは祈りですよね
決して念じゃない
念ってのは
自分の我でもって
慾でもって
執着でもって
己れにこだわり
失うことを何よりも
おそれる世界です

だけど
宗教は祈りで
祈りというのは
度々いってるように
自分のいのちを宣り出すこと
光の自分と対面しつづけることですからね
それで人間は自由になってゆくわけですね

それで
それぞれの祈りは
やっぱり
光明真言なんだけれど
その光明真言を
わかりやすく
ずっと世界人類にまで広げた
祈りが世界平和の祈りなんです

このなかには
一つの責めもない
さばきもない
自分もこのなかで
この祈りのなかで
自由に朗らかになって
しかも 
世界人類という大河のなかで
いつのまにか
自分を生かしめている光をつよめ
自らの霊性を高めてゆくことができる

それぞれの国
民族
宗教はそのままにして
誰もが
この地球に生きているかぎり
世界人類の一員なんだから
世界人類が平和でありますように
という祈り言は
一人一人の心の奥底からの叫び
なんですよ
その叫びを祈りにしちゃったんです
と同時に
この祈りのなかには
世界人類よ平和であれという
我々人類の
いのちの親である神様の
大愛がつまりにつまってるんです
だから光そのものの祈りなんです
愛そのものの祈り
ゆるしそのものの祈りなんです

で、
この祈りを唱えてゆくと
しらない間に業想念のそうじが
出来ていって
いつのまにか
心がおだやかになるんです
ふんわりと
いい気持ちになる
それは
世界平和の祈りにのって
みなさんが
お里がえりをしているからなんです
         (つづく)
posted by spacelight at 22:32| 祈り | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

人間の本質(6)

       (前日からの続き)
何べんもかいてきたことですけど
今の人間はみんなこの
肉体人間観から脱け出せて
いないんですね
これは俺のだ
何だ黙ってとかね
自分が自分がって
すぐ我が出る
我の世界
把われの世界のなかで
これが世の中だ
これが自分だってやってる限り
この世界は平和にはなりませんよ
だって狭い「自分」の世界を
出ないんだから

さしずめ私は
この業のそうじ屋ですよね
業想念というもののなかで
まっくろになってすすけて
新しい空気が欲しいと思ってる人たちに
新しい空気を入れにきたんですよ

釈迦も
キリストもね
みんな入れにきたんだけど
俺が俺がの業想念が
この人たちの光の言葉を
あらそいの種にしちゃった
光の言葉をつかって
闇の方へ闇の方へと持ってってる
それはなぜかというと
お互いがお互いの立場を
思いやらないからです
認めないからです 
それでこのままいくと
個人のしあわせどころか
人類みんなで亡びていかなきゃ
いけなくなる

そこで私が神様からいただいたのが
世界平和の祈りなんです
この祈りを
それぞれの信じている
宗教の祈り言の最後(勿論最初でもいいん
ですけど)にくっつけりゃあいいんです
今まで大事に信じてきたものを捨てろ
なんて
私はいいません

お前は駄目だ
といいつづけて世界も人類も
苦しくなり駄目になったんですから
大きなおおきな立場で
全部をみとめてしまう

そして
世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私達の天命が完うされますように
守護霊様ありがとうございます
守護神様ありがとうございます
という祈りを心に思いうかべるだけで
そこにパーッと
すごい光の柱が立つんです
世界人類がと思ったときに
もうその人の本心の光がかがやいて
それが文字どおり
世界人類のところにとどいているわけ

それで
その人がキリストを信じる人なら
その信仰がつよめられ、その人のもつ
やわらぎとゆるしの光がつよめられて
神様の器として働くことが出来るように
私が手伝うわけですよ
仏教なら仏教で
法然さんなら法然さんをとおして
本心開発ができるように手伝ってゆく

ひとつも
お前駄目だ
なんていわないんです
そして
そうしているうちに
世界平和の祈りの持つ大光明
大元の光が
その人の一所懸命の光をもっともっと
高めてゆくわけです
わかりますか?
        (つづく)
posted by spacelight at 16:19| 祈り | 更新情報をチェックする