2019年02月18日

神にむすぶいのち 序

   ──序──  
            五井 昌久

私どものいのちは
神につらなっている
それは
いのちが
神から分けられてきた
ものだからである
人は
神にかえってゆく存在なのだ
神にかえるとき
神にむすばれたいのちであることを
しるとき
私たちは
真に自在身となってゆくのである
      平成2年3月4日



posted by spacelight at 12:11| 祈り | 更新情報をチェックする