2016年01月19日

神様と一緒に

神様と一緒に歩いている
とおもうと
どんな時でも心強いものです

実際、光は
あふれにあふれて
私達のまわりを
とりかこみ
守っているのです

愛念とことばを出すけれど
実際は
おもいと
おこないが
肉体を超えた光になって
あちこちと
とびかっているのです

友達が病気だ
行ってあげたいけどゆけない
神様おねがいします
とおもう時には
もう
あなた自身が光になって
友達のベッドの所まで
とんでいっているのです
これが事実です

そして神様は
この地球や
宇宙に生きる一人びとりに
愛の光をなげかけて
その生きとおしの生命を守り
はたらきやすくして下さって
いるのです

神のこころは
愛だということを知りましょう
自分のなかに
愛の光が
うずまいていて、人を愛したがって
いるのだということを知りましょう

私達は神の愛のなかにとけ込む
光の先達なのです 
      昭和61年7月31日
posted by spacelight at 10:19| 祈り | 更新情報をチェックする