2016年01月03日

この世もあの世も ドア一枚のこと

 (前日から続く)
本当のことを言えば
生きることも何もかも
この世の営為のすべて
あの世ではたらくことも
ドア一枚のことなのでして
私たちには死はないのです
明るい無限の生命を光を生きてゆくのが
本来なのであります

しかし以前にも言いましたように
この地上に生きている時には
肉体という器が一番必要ですから
それがどんなに上着であったって
やっぱりかわいがってやらなくちゃあ
いけない
肉体に感謝するというのは
ただ働いてくれてありがとうと
みなさん思うかも知れませんが
この宇宙のなかの地球という星の上で
私たちが健康に生きてゆくには
もっとも適した上着を
神様が下さっているわけなんです

金星には金星の土星には土星の
名も知らぬ星々にいたるまで
みんな霊人たちの
それぞれに合ったその場所、その星
そのところに合ったものが与えられている
それは非常に深い
神様の御計画のなかから
降ろされてきたものであるわけです

ちゃんと計画されている
しかもその一つひとつが
みんな宇宙の運行を平和ならしめるために
あらわされた
神の智恵の賜物なのであります

すべての進化は
神のふところから放射される
まことの愛の光によって
織りつむがれているといっても
過言ではないのであります
         (翌日へ続く)
posted by spacelight at 07:22| 祈り | 更新情報をチェックする