2015年12月18日

水のようにさらさらと流れてゆく生命(25)

      (前日から続く)
 ただやってもらえるけれど、何か色んな
ことが起こった時にアタフタしないという
ことが大事です。自分一人じゃないと思う
ことが大事。目には見えないけれども、
あなた方の後ろに守護霊守護神がキチンと
ついていて、私に直結していて、必ず最後
には、守護神の方から光が来るんだ、五井
先生の方から光が来るんだというように、
全部もう預けてしまえばいいいんですね。
 どの程度オタオタしないか、今その時期
なんですね。どの位でオタオタが止まるか、
神様の方で見ておられる。そういう時期
ですよ。自分がやってる間はそのオタオタは
なかなか止まらない。地震がなかなか
おさまらない。やはりこれは、中心は神様
なんだと。私は試されているんだと。
 だから神様がいいようにして下さるんだ
と確信できたら、痛みでも何でも
消えちゃうんです。痛いけれども
なくなっちゃう。把われが少なくなって
くるから、預けてしまうから。そういうこと
なんです。
          (翌日へ続く)
posted by spacelight at 07:11| 祈り | 更新情報をチェックする