2015年12月17日

水のようにさらさらと流れてゆく生命(24)

       (前日から続く)
 これだけやっているのにという想いから卒業
するとすれば、過去世のものの借金を全部
払ってるんだな、自分の魂を本当に浄めて高めて
完成させる一コマとして、今自分がここに
いるんだなと。
 そういう位のつもりで、ものすごく大きな
流れの中に、入りたくないと言っても、もう
入ってしまっている。入ってしまってる
ということを先ず認めて、そして、世界平和の
祈りに乗って生活する。だから、ずーっと
祈りをひびかせていれば、何にも言うことは
ないんですね。あと全部やって
もらえるんです。
             (翌日へ続く)
posted by spacelight at 09:42| 祈り | 更新情報をチェックする