2015年12月08日

水のようにさらさらと流れてゆく生命(15)

       (前日から続く)
 しかし、やっぱりこの地上の生活を馬鹿に
してはいけないし、現実というものも馬鹿に
してはいけません。家族の中に悩みがあれば
共に悩んであげる、祈ってあげる。出来る
だけのことは全部してあげる。それはとっても
大事なことで、大事なことなんだけども、
もう一方ではキチンと祈って、神様の方へ心を
向けて、悲しみながらでもいいから、悩みながら
でもいいから、神様の方へ心を向けて、祈りの
時間を5分でも10分でも、御飯食べるように
持っていると、そうすると中から自分が
変えられてゆくんです。そして肉体波動だけ
ではない、もうみなさんすでに四次元波動
というものをもらわれたね。天から宇宙から
もらわれた。で、四次元だけが高い波動
じゃない、もっと上の波動があるんですね。
 その上の波動、どんどん高く高く、祈って
祈って祈っていくと、自然に澄み極まって
しまって、自分の心が穏やかになり、平和に
なって、平和なところから愛が生まれる。
              (翌日へ続く)
posted by spacelight at 08:29| 祈り | 更新情報をチェックする