2015年11月04日

さやけき生命(いのち)(1)

 さやけき生命というのは、何ものにも
こだわりのないいのち。こだわるも
こだわらないも、光っている生命。それは
どこから来るかというと、神様から来る。
 それを我々はいただいている。その頂いて
いるものが途切れない為には、祈りの生活を
してゆかなくてはいけない。いけないという
よりも、祈ってゆかないと生きてゆけないように
我々の身体というものはなってるわけです。
 だから、祈ってゆく時に、我々は息をする事が
出来るし、魂も呼吸することが出来る。霊も
輝く事が出来る。世界平和の祈りというのは、
我々の肉体にも霊体にも神体にも、すべての
世界、三界にいる我々自身に対して光を与えて
ゆくことが出来る。

 そういうことを言っている訳ですね。
 清(さや)けき生命というものは、神より来る
と言いましたけれども、神様と我々は、昔は
目に見えるかたちで耳に聞こえるかたちで、
感じるかたちで、手に触れるかたちで、縦にも
横にもつながっていたのですが、この世
というものが出来て、それで我々が地上に
降りて来た時に、肉体という衣をまとった時に、
だんだんとその粗い波動の中に入って行って、
そのことによって我々は、神というものを、
なんかひとつスリガラスを隔てたような、
そういうかたちで見るようになってしまった。

 最初そんな遠いものではなかったのが、
だんだんと神様が雲上人になって、神様なんて
居るのかしらと。人間世界の科学技術が発展し、
哲学もすすみ、肉体をまとった自分が自分だと
思ってしまった。そこから神と自分は容易に
つながらなくなった。

 19世紀の末なんか、世紀末というような
思想が起こって来て、神は死んだなんていう
ことになって来たんですが、皆んながそれぞれに、
今また神様を求めることを、ブームみたいに
なっていますけれども、自分がどこから来たのか、
どうなるのか、こんなに今不安になっている
時代はありません。なぜ不安になっているか
というと、神様のことを皆んな聞いたり求めたり
するけれども、自分が神様に守られている
ということを実感出来ることが、とても少なく
なっている。だから不安になるわけです。

 神様の守りを実感するにはどうすればいいか
といいますと、これはもう祈ることです。それ
しかないんですね。祈って祈って祈り抜いて
ゆくと、光しか残らなくなる。
 これは真実なんです。
            (翌日へ続く)
posted by spacelight at 09:51| 祈り | 更新情報をチェックする