2015年10月29日

ピースポール建立について

 (問)前にもお聞きしましたが、
ピースポール建立についてお教え下さい。


 (答)ピースポールというのはとても
良い発明だったと思いますね。あれで光が
世界中にともっていくというのは、一つの
人間側の発明でしたけれども、こちら側から
観ていると、神霊界の方で、どうやって
世界人類が平和でありますようにという
祈り言をやってゆくかという中で、
ピースポールは前から出ていた話でね。

 そして、光が満ちてゆく過程というのは、
こちらから見ていて頼もしく思ってた訳
ですけれど、ただ、どんどんお金を出して
外国に運んで、あるいは古戦場に立ててね、
立ったからもうそれでいいかというと、そう
じゃないんですよね。立てる人の気持ちが
どれ程祈り心になっているかいないかで、
輝き方が違うんですよ。
お金だけで財力をたのんで千本立ててもね、
そりゃあそれで輝きます、それで救われて
いきますけど、救われ方とか、その人の魂、
立てた人の魂がどれ程進化発展してゆくか
ということになると、まだまだその人は
苦労しないと、ピースポール立てた位では
駄目なんですよ。自分でやっぱり苦労して
ぶつかってね、ああ弱いということはこういう
ことか、人の気持ち、辛いということは
こういうことか、ということが分かって、
あの人の所にピースポールを立ててあげたいな
と思って立てた一本のピースポールというのは、
これまで立てた千本のピースポールよりも
輝くんですよね。

 何でもそうですけれど、物でもお金でも、
すべての物というのは生命の源から出来て
きてるんですから、そこをずっとつきつめて
行くと光なんですよ。全部に光がこめられて
いるという想いで、人も物も回りを観ていけば、
全部が光るんです。ですから、何も
ピースポールを立てなくても、皆さん光
なんですから、光を持っていればそれで浄まる
ものなんだけれど、しかし、その人自身が
とってもじゃないけれど病気で行けないとか、
心身共に弱くて行けないとか、そういう為に、
ピースポールというのは神界の光を受けて
立っている訳ですから、それはそれでいい
ですけれど、ただ神様を頼るだけでは人間の
進化、人類の進化はなって行かない訳
ですからね。

 人間も神様も共に一つの大調和の深い世界を
創って行く為には、人間自身も魂の成長という
事を喜んで受ける覚悟がないと、やっぱり日本、
世界は本当の意味で平和になっていかないん
ですよね。
ですから、心を深くするという事が一番
大事なことなんですね。
posted by spacelight at 09:17| 祈り | 更新情報をチェックする