2015年10月25日

統一の仕方について

 (問)統一についてですが、昔
五井先生が、ふんわりととテープで
おっしゃっておられますが、今、講師の
先生方の中には、それだけでは駄目だと、
もっと、なんて言いますか…、自力では
ないんですが、もっと光を描いて
というか、そういう風に具体的に
指示される方が結構いらっしゃいますが、
その辺はどうなんですか。


 (答)それは正論だとも言えるし、
そうじゃないと思う面もありますね。
 で、正論だと思うのは、大きな意味から
言えば、正論そのものなんですよね。
 何故かというと、人間というのは光
そのものなんですよ。ですから、自分が
光そのものだ、神様の子供だ、神様から
来ている生命だということに気がついて、
そこへずっと本心に呼びかけてゆけば、
何でも出来るんです。
 人間というのは、全知全能の神の流れを
受けて生きているものですからね。

 ところが、色んな現実などにぶつかって
いったら、なかなか人間の神性を
引っ張り出すってことは出来ないんですよ。
 ですから、南無阿弥陀仏がありアーメンが
あり、私の世界人類が平和でありますように
という祈りがあって、消えてゆく姿がある訳
なんです。私が生きている時には、全部
引き受けますからふんわりして
いらっしゃいっていうのは、それは変わり
ないんですけれどもね。
 ただ人類が本当の意味で進化していく
為には、みんな本当に光り輝く本心を
もっているんだということを、一人一人が
強くどっかで感じて信じていかないと、
いくら私が本の中でいい事を言っても、
原稿に書いても、ああいい話だけど私には
出来ないなあと思ってしまうと、そこで
成長が止まるんですよ。
 そういうものが自分の中にもあるんだなあ、
光の粒が自分の中にも沢山入っているん
だなあ、神様というものがつまりにつまって
いるんだなあ、自分は神様の場所なんだなあ
と思うとですね、そこで〇〇〇〇や〇〇〇〇
という個人を越えて、神様の場所になって、
その時働きの場所になる訳です。例えば、
印を切ることであったり、書を書くこと
であったり、色んな事であったりする訳
なんだけど、それを通して光り輝いていって、
その光がまわりに満ちてくる、そういう事
なんですね。

 だから、講師の先生が言ってる、それ
だけじゃあ駄目なんだよというのは、
自分の中にそういう生命があるという事を
気づかなければ駄目なんだよという、
そういう事でもあるんです。だから、
言葉尻を捉えて、あれはおかしいんじゃ
ないのかなあ、あれは五井先生が昔
ああ言っておられたけどというのは、
それはそうでもあるし、今はそれだけ
では足りなくなって来ているというのも
事実なんですよ。ただ、それを、お前達は
こうしなければ駄目なんだよという風な
ひびきで言ったとしたら、それは
間違いなんですよね。

 こうしなければ駄目っていうのは神様の
世界には無いんですよ。ただこうして
いった方が人類の進化にとって、
一人一人の進化にとって、人間の神性の
進化にとって絶対に必要な事なんですよと。
 つまり、愛念に満ちた言葉で伝えて
いかないと、反発とか寂しさとか、自分は
とっても出来っこないとか思って
しまうのでね、その辺の指導の仕方が
非常に難しいですよね。その人個人に
呼びかけながら、その人の幽体霊体神体
にまで呼びかけて、皆で協力して通す
ということは、神の所へ昇って行く
道筋だから、そこに何か不調和な想いが
出たらそれだけ皆苦しむ訳ですからね。
 その所で、祈り心を一つにして、とに角、
世界人類の中に自分の想いを溶け込ませる。
 そうすると平和になっていく訳ですから、
そこの所に想いを集中して、その想念を
明るくしてやっていくこと、これが大事
なんじゃないですかね。
posted by spacelight at 09:53| 祈り | 更新情報をチェックする