2015年10月06日

心にひびく愛を

          110
 人が調和のよろこびを知り、また愛する
よろこび知って、打ちふるえているのを
みる時、私は涙がとまらなくなります。

 魂の発展してゆくさま、進化してゆく
すばらしさを、眼のあたりにして、心が
あらわれるのであります。

 人は、愛がなければ生きてはいけません。
 それも、心にひびく愛を感じなければ、
私どもはしなびてしまうのであります。

 光を欲するたましい、よろこびを与え、
愛を与えることに、深いいのちの充実を
覚えるたましいであることを、私たちの
本心は、私たちを生かして下さっている
神は、よく御存知なのであります。
 目に立つような働きに涙するのでは
ありません。愛と、まごころとが出会い、
二つながらのものが、魂に注入された時の
表情のかがやきに、私は涙するので
あります。人が人として、生命さながらに
生きるよろこびが、伝えられて、私は
あつい涙を流すのであります。
      昭和61年11月3日 夜
posted by spacelight at 10:12| 祈り | 更新情報をチェックする