2015年10月04日

祈りは かたちではありません

      108 真実のすがた
 祈りというものを、何か一つのかたちに
入らないといけないものと考えたり、
勘ちがいをしている人々が、多いようで
あります。

 祈りというものは、かたちではありません。
 では、なぜかたちがあるかといえば、
神様のみこころのなかに入りやすいように、
ある一つのきまったかたちを、みんなでとる
ということだけでありまして、常住坐臥、
どんな時にもからだ中で祈っている
というのが本当のすがたなのであります。

 歩いている時も、すわっている時も、
食べている時も、のんでいる時も祈って
いるのであります。

 祈って祈って祈り抜いているすがた、愛と
光にかがやいているすがた、そうして、光を
ふりまいているすがた、これが、人間の
真実のすがたなのであります。

 迷いもまどいもない神界にある人間は、
このことを知っているのであります。又、
私どもの霊体は、守護霊守護神は、
このことをよく知って、真実の祈りへと
私どもをみちびいているのであります。

 私どもは、このことを心にとめて、真実の
祈りが、何物にもとらわれぬもの
であることを識って、神への道しるべである
世界平和の祈りをささげてまいりましょう。
posted by spacelight at 23:00| 祈り | 更新情報をチェックする