2015年09月30日

神様は あなた方にそって愛して 休まれることはない

          104 神の愛
 人を救うとよくいいますが、一人の人の心に
あかりをともすことは、大変なことなのであります。

 その人を理解するだけでは足りない。その人を
愛して、その人にそって、ともに時をすごすことが
何よりも大切なことになって参ります。

 ところで、こうしたことの一番名人は誰か
というと神様なのです。神様は、もうあなた方の
生まれる前から、あなた方にそって、あなた方を
愛して、まったく休まれることがありません。

 私はようくこの神の愛というものを知って
いるのであります。そうして、人間というものが、
ただただ愛されるばかりではなく、こうした
極みなき神の愛、神のいのちからわかれてきたもの
であるということを知っているのです。この事実を、
はやく、一人でも多くの人に伝えたいのであります。
 そのために、生きとおしのいのちを、私は今も
日々生きて、神のみこころを伝えている
のであります。
posted by spacelight at 08:14| 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

祈りは 神様につながる道

     103 祈りについて
 祈りは、神様につながる道であります。
 何も特別なことをしなくても、神様をおもい、
神様に呼びかけて、祈りの言葉を出して
下さればいいのです。
 祈りはいつしなければならないということは
ありません。一日一回でも二回でもいい。
 絶えず祈ってもかまいません。しかし、
神様と神様のチャンネルをひねり、世界人類が
と祈り言葉をおもいうかべたときには、もう
祈りの座にあるあなたなのです。
 祈りは、きよめであります。そうして、私ども
一人一人の本心のなかに光りかがやいている
朗らかな光と、真実の自分との合体であります。
 私どもは、祈りによってきよめられ、生命の光を
ましくわえられて日々を生きているのであります。
posted by spacelight at 08:37| 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

すでに神様は 私どもをお使い下さっている

      102 神の使徒
 りくつではない真実というものが、すべて神を
したう者の心を、支配している筈なのです。
 私が神を愛するそれ以上に、神が私を抱いて
愛して下さっているという実感のなかに、
私どもは日々を過ごし、それぞれの日常の
なかで祈りを献げ、この器をお使い下さいと
神によびかけるのであります。
 本当のことを申しますと、すでに神様は、
私どもをそれぞれに、お使い下さっているので
あります。
 私はいのちをささげて、世界平和の祈り言と、
消えてゆく姿の教えを宣べ伝えて今日に
到りました。
 しかし、御一人御一人それぞれに、神様は
あなた方から何かを受けとられて、その人の
立場のまま、私どもを使って下さっている、
あるいはこれから使おうとなさっておられる
のであります。
 どうぞ祈りを深めて、神様からのサインに
こたえる一人びとりでいて下さい。
posted by spacelight at 07:50| 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする